がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻編 - ミニスーパーファミコンのお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは、ながものです。

ゴエモンシリーズって肩の力抜いて遊べるのが魅力ですよね。
アクションゲームだけど難易度は高くなくて、でもアクションは派手で。

何よりサイバー感のある江戸時代っていうのが他に類を見ない魅力でした。今は銀魂とかありますが。

さてミニスーパーファミコン収録タイトル紹介、今回はがんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻です。

お付き合い下さい。

 

がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻

発売日 : 1991年7月19日
価格 : 8,800円
メーカー : コナミ

がんばれゴエモンシリーズのスーパーファミコン第1弾。
見下ろし視点と横スクロール視点、2つのステージ構成を進んでいくアクションゲームです。

先述の通り、江戸情緒あふれる世界観ながら機械、ロボット等のサイバーが同居した独特の世界観が大きな魅力のひとつ。

軽快なギャグ(面白いかどうかは別にして)とともに進んでいくストーリーがこのゲームの取っつきやすさに一役買っているのは確かだと思います。

このがんばれゴエモン、スーパーファミコンと一緒に買ったタイトルでした。

兄と一緒にプレイしていたのをよく覚えています。
私は2Pだったので常にエビス丸。ゴエモンが使いたくてよくよくケンカしてました。

そんなゲーム外の思い出が結構印象に残っているのですが、このゲームもまだクリアしてないはずなんですよね。
3面だか4面に「からくりワールド」というステージがありまして、そこには色々なミニゲームがいっぱいあるんです。
兄と2人で目指すのはもっぱらそこばかりで、シューティングゲームだったりペンキ塗りだったりを延々と遊んでました。

そんな訳でその先のステージの記憶が全くありませんw。
ミニスーファミを買ったらこのゲームもぜひクリアしないといけませんね。

あと思い出深いのがたびにっき(パスワード)。
ファミコン世代の私のようなオヤジはなじみ深いと思いますが、意味もない文字列がそこそこ長い。
そのせいでメモを間違えて書いちゃうんですよね、あと字が汚かったり。
それでよく兄とケン(略。

調べてみたら31文字もあったんですね。
それは間違えても仕方ない。まだ小学校低学年だったし。だから許せ、兄よ。

おわりに

以前発売したミニファミコンの方はプレミアがついて価格が高騰しているようです。
もし買いたい、やってみたいと考えている方は確実に予約して購入することをお勧めします。

9月16日(土)より予約受付が始まるとのアナウンスがありました。詳細はこちらからどうぞ。
https://nagamono.net/2017/09/13/minisfc-reserve/

次回は超魔界村を紹介します。これ1面すらクリアしてないんじゃないか…?

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニスーファミ関連アイテムはこちら

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*