F-ZERO編 - ミニスーパーファミコンのお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは、ながものです。

10月に発売されるミニスーファミ、楽しみですよね。
前回からミニスーファミに収録されるタイトルの紹介をしています。
今回はF-ZEROの紹介です。このゲームむずかしい。

今回もお付き合い下さい。

 

F-ZERO

発売日 : 1990年11月21日
価格 : 6,800円
メーカー : 任天堂

F-ZEROもスーパーマリオワールドと同じくスーファミ本体と同時発売されたタイトルです。

スーファミに搭載された回転機能や拡大・縮小機能を駆使した圧倒的なスピード感はテレビゲームを一段階未来へと押し上げました。
と同時に、その圧倒的スピード感に比例した難易度は女・子どもを寄せ付けない硬派さも生み出していました。

スーファミ最初期に発売されたゲームだったこともあり、中古を980円位で購入したのを覚えています。

当時その子どもだった私には面白さ以上に難しさが勝ってしまい、一番簡単なナイトカップのビギナー以外クリアできないような下手さ。

それでも他に類を見ないスピード感と未来的なデザインに胸踊らされ、クリアできないと分かっていながらも繰り返しコントローラを握りプレイする日々でした。

黄色いマシンの見た目が好きでこのマシンばかり使っていましたね。調べてみたら結構上級者向けの性能だったみたいです。

L,Rボタンで重心移動ができるのできついカーブが曲がれることを知ったのは実は大人になってからだったり。どうりでクリアできないわけですよね。

あと、このゲーム最大の欠点は対戦プレイがないこと。あれだけのスピード感を維持しての2人プレイはスーファミの性能的に難しかったんでしょうね。
今でもこのスーファミのF-ZEROで対戦プレイやってみたいですけど、その辺何とかなりませんか任天堂さんw。

ミニスーファミが発売されたら真っ先にこのゲームからクリアしようと思っています。

未プレイの方はスーファミの性能を限界まで使ったゲームをぜひ体験してみてはいかがでしょうか。
私と一緒にタイムアタックしましょう。

おわりに

以前発売したミニファミコンの方はプレミアがついて価格が高騰しているようです。
もし買いたい、やってみたいと考えている方は確実に予約して購入することをお勧めします。

9月16日(土)より予約受付が始まるとのアナウンスがありました。詳細はこちらからどうぞ。
https://nagamono.net/2017/09/13/minisfc-reserve/

次回はがんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻を紹介します。そういえばこのゲームもまだクリアしてないや。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニスーファミ関連アイテムはこちら

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*